スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
バリ島  ちょっと遠出を『ギリ・トラワンガン』1
バリ島って、紺碧の空,白い雲、
そしてどこまでも続く白い砂浜に青い海。
こんなイメージありますよね。
しかしながら、昔はそんなだったバリ島ですが、
今は増えすぎた観光客や宗教上などの理由で、
そんなに天国みたいに『綺麗』と言う訳でもないんです。
ダイビングスポットも限られた地域にしかなく、
もっと青い海が、青い空が欲しいと言う欲張りな旅行者にとっては、
バリから少し羽を伸ばしてみるだけで、
昔のバリがそうであっただろう自然と、
真っ向から対峙できる幸せを感じることでしょう。

しかもバリから空路でも、スピードボートでも行くことが出来、
数時間後に現れた環境に、はっと息を呑むこと請け合いです。
今日はそんな別天地、ギリ・トラワンガンをご紹介します。

今回はサヌールから50人乗りのスピードボートでギリ島までまっしぐらです。

サヌールのダンキンドーナッツの隣にあるチケッティングオフィスに続々とクルマが到着します。
ホテルからお客をピックアップして、ここまでやってきたのです。
チケットを購入した後に更にクルマに乗り、ボートが停泊しているビーチへ直行です。
ビーチではボーディングカウンターがあり、行き先別に荷物を預かり、
胸に目的地が書かれたステッカーを貼り付けてくれます。
レンボガン、スンギギ(ロンボク島)、ギリT,ギリAそれぞれの地名が書いてあります。
このボートが各拠点に寄りながらギリに向かうのが分かります。

いよいよ乗船。
サンダルを籠に回収され、素足で海に入りボートによじ登ります。
キャビンの中はゆったりとした対面シートの片側3人掛け。
リヤには大型のエンジンが4基搭載されていて、
いかにもスピードが出ますよと、言わんばかりの迫力があります。
さあ、エンジンがかかりました。
ボートは波を蹴散らしながら進んで行きます。  続く
ランキング登録中 ポチッと一押しお願いします
     ↓      ↓     ↓


ちょっと遠出を1ブログサイズ
スポンサーサイト

テーマ:バリ島 - ジャンル:旅行

[2013/10/16 20:25] | バリの見どころ | トラックバック(0) | コメント(0) |
バリ島  バリズー
今ではバリ島サファリパークがバリの動物園代表選手みたいになってしまったが、
昔からあるのがウブドにある伝統のあるバリズー。
そんなに広くは無い敷地に、うまく通路を巡らせ、飽きずに動物を楽しむことが出来る。

このような施設に限って言えば、
観光客価格とインドネシア人価格、キタスという滞在許可ヴィザを保有している外国人との入場価格差がものすごくあること。

外国人が驚くのはインドネシア人観光客の多さ。
こんなに入場料の高い施設なのに、所得の低い人たちが大量に押しかけて、
中には学校単位で来ている事もある。
何で?って思うんだけど、
これは外国人観光客とインドネシア人では、入場料煮数倍の開きがあるため。
これはどこの有名な観光地に行っても言える事なので、
われわれ外国人は、観光させてもらっている感が、身にしみる瞬間でもある。

さてバリズー。
最近ではナイトサファリと銘打って、夜でも観光客を呼ぶ努力をしている。
これも必死にサファリパークに客を獲られまいとする努力の表れか?

サルが多い。
広いインドネシアには多様なサルが生息している。
一番人気なのはオランウータン。
お堀の向うにどっかりと座って構えていて、
観光客が放り投げるバナナをだるそうにキャッチし、もっとよこせと催促する。
この有名オランウータン。
怒ると観客にウンコを投げつけたりするというのだから、ご用心ご用心。

順路を巡ってゆくとさほど時間もとられずにあっと言う間に出口にたどり着く。
時間の無い観光客や、ちっとしたトレッキング代わりに遊びに行くのもいいだろう。
園内は南国特有の木が生い茂っているので暑さを感じないし、
手の届くところに居る動物は、日本のそれとは少し異なり、
バリ情緒が感じられるかもしれない。


ランキング登録中 ポチッと一押しお願いします
     ↓      ↓     ↓




バリズーブログサイズ
[2013/07/25 09:31] | バリの見どころ | トラックバック(0) | コメント(1) |
バリ島  テガララン・ライステラス
このブログは『パサール・ウブド』の続編です

片側一車線の一本道をどんどこドンどこ上ってゆきます。
両端はハンディクラフトのお店ばかり。
よくぞこんなに同じような店が集まりましたね~
って感心する位、店また店が続きます。
ここいらの店は大手バイヤー御用達なので、買い付ける量も半端じゃない。
この猫の木彫りコンテナ一本ね。
こんな買い方をするバイヤーのために営業しているようなもので、
普段は、お客が一人も来ない日があるなんて、普通のことなんです。
かといって最近では個人客にも売ってくれるので、
お気に入りを見つけたら車を停めてもらいましょう。

 そうこうしているうちにライステラスに到着です。
ここは駐車スペースを確保するのが難しいほど、観光客を乗せて着た車で溢れています。
物売りが言い寄ってきます。
1000円1000円と声高らかに大合唱です。
しばし耳をお休みにして、目の前に広がるライステラスの大パノラマを満喫しましょう。
バリ島は島全体にライステラスが溢れています。
ここはほんの箱庭のような観光地。
もっと時間をかければ、この何倍もものすごいライステラスが何箇所もあるんです。

しかし時間も限られた観光客にとって、ここはとても記念になる景勝地。
写真をお忘れなく。
そうそう、お腹がすいていたのを忘れていました。
ライステラスを目の前に食事が出来るレストラン・パディに行きましょう。

階段を少し降りるとパディがあります。

よくパッケージツアーにも使われている有名なレストランです。
ここでお勧めなのがナシクニンというイエローライスにチキンなどがのった一皿。
これにフレッシュジュースやフレッシュココナツあるいはビンタンビールなどを頼むと完璧ですね。
予算はひとり1000円くらいです。
ちなみにドライバーには時間を決めて再会するように、その間お昼でも食べていてもらいましょう。

少しはやめの昼食が自然豊かな景観の中で食べられました。
次はタンパクシリンにあるティルタエンプルに向かいます。

ランキング登録中 ポチッと一押しお願いします
     ↓      ↓     ↓


BALI 054

テーマ:バリ島 - ジャンル:旅行

[2013/06/05 20:44] | バリの見どころ | トラックバック(0) | コメント(0) |
バリ島   パサールウブド
このブログは(モンキーフォレスト)からの続編です

モンキーフォレスト通りを上ってきた突き当りの右手が、
パサール・ウブド。
パサールとはインドネシア語で市場を指し、
生鮮食料品やおみやげ物、また簡易食堂などが集合した場所のことを言います。

最近全体がリノベーションされ、とても見やすくなった反面、
市場特有のごちゃごちゃ感が少なくなったのはとても残念です。
でもこの方が見やすい、行きやすいという観光客の方はおおいでしょうね。

新しくなった2階建てのおみやげ物やさんを覗いてみましょう。
どこでも同じ様なものが売られています。
畳3畳ほどの店が軒を連ねています。

人気があるのはシルバーアクセサリー。
ガムランボールも1000円前後まで値切って交渉しましょう。
ほとんどが言い値の半分から三分の一位で手締めとなります。

Tシャツのおみやげもいいですね。
一枚150円~300円位で、
Baliのロゴがはいった各種Tシャツが売られています。
買う時は十分に生地や縫製を確認してください。
粗悪品に当たると、洗濯機一回しかもたないのもあるようです。

いろいろなお土産を買われても、くるまで来ているから大丈夫ですね。
ルピアがなくなってきたら、両替所も沢山ありますから安心です。

朝からお疲れ様。
ぼちぼちお腹がすいてきたでしょ?
テガラランを上って有名なライステラスでお昼にしましょう。
ランキング登録中 ポチッと一押しお願いします
     ↓      ↓     ↓



パサールウブドブログサイズ

テーマ:バリ島 - ジャンル:旅行

[2013/05/29 23:45] | バリの見どころ | トラックバック(0) | コメント(0) |
バリ島  モンキーフォレスト
このブログは前回『お勧め 初めての観光』からの続きになります。

入り口の小さな小屋で一人2万ルピアの入場料を払います。
そこを抜けると、いきなりサルが。
でもまだまだ序の口で、奥に行くほど団体さんがお待ちかねですよ。

ちなみにトイレは入り口を入ってすぐ右側にあります。
観光地のトイレは、維持費として1000ルピアを払うのが一般的です。
小銭の用意をお忘れなく。

バリのサルの特徴はモヒカン頭。
ニホンザルよりなんとなくやんちゃに見えます。

近年の観光客の増加に伴い、いたずらサルの数も増えているようで、
くれぐれも身に着けているアクセサリーや帽子、ピアスなど、取られないようにご用心。
よそ見をしていてうっかりと尻尾などを踏まないように。
なんせ相手は集団で行動するサルですから、
大勢で押し寄せてきたら敵いっこありません。

モンキーフォレストに行かれる前に是非観ておいて頂きたい映画があります。
それはジュリアロバーツ主演の邦題『食べて、祈って、恋をして』で、
この映画はウブドロケが行われた関係で、
モンキーフォレスト内にあるいくつかのスポットが映画に出てきます。
実際にモンキーフォレストを訪れると、
ああここ、映画にあったと、思い出されるシーンが沢山出てきます。

話を戻しますが、サルで有名なモンキーフォレストですが、
奥へ進むと樹齢2000年といわれている木や、
苔むした石畳など、
バリヒンズーのカルチャーにも出会うことが出来ます。

ウブドの持つエネルギーに代表されるスポットがここ、モンキーフォレストです。
あなたはどんなエネルギーを感じることが出来るでしょうか?

次回はモンキーフォレストを後に、ウブドのパサールへと進みます。
ランキング登録中 ポチッと一押しお願いします
     ↓      ↓     ↓


モンキーフォレストブログサイズ

テーマ:バリ島 - ジャンル:旅行

[2013/05/22 22:47] | バリの見どころ | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ
バリ島情報 『バリコラ』


初めてのバリ島旅行者にもリピーターにも、役に立つバリ島情報を毎日更新 

プロフィール

superkatchan

Author:superkatchan
バリ島情報 『バリコラ』へようこそ
バリ島の旅行初心者の方からリピーターさんまで、
参考になる最新情報をお届けします。

バリと日本を仕事で行ったり来たりしています。
年の三分の一がバリ島滞在です。

FC2カウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

バリ島日本人村

投資、ロングステイに
バリ島にヴィラを持ちましょう。

バリ島スピリテュアル

ヒーラーREDYによる癒しの数々をお届けします

バリスピバナー

バリから荷物を日本に送る

" >

バリ島で最安値のカーゴです
お土産を送る~コンテナ輸送まで

アジアン家具通販

激安アジアン家具をお届けします
1万円以上、送料無料キャンペーン中!

ARAMINTH スパスクール

最短1週間で資格が取れるスパスクール

http://www.araminth.com
truth

抜群のリゾート環境に宿泊しながら学べます

【ビアンアユ】
バリスパ&スクール

隠れ家スパでプライベートレッスン

移動ペットサロンカー

独立開業をサポートします

salon car

バリ島情報をお届けしています

毎週金曜日4時40分より生放送

メールフォーム

管理者superkatchanに
メールが届きます

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新トラックバック

カテゴリ

QRコード

QR

携帯『バリコラ』

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。