スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
バリ島  観光用の営業車に乗りましょう
タクシーやバスなど、
有料で客を乗せる車を営業車と言いますね。
日本ではナンバープレートの色が緑色で、
一見しただけで、自家用車ではなく、営業用の車と判断が付きます。

バリではどうでしょうか?
営業ナンバーとおぼしきナンバーを、見たことありますか?
たぶん大半の方はご覧になったことがないばかりか、
余り関心がない、と言うのも本音のところでしょう。

でもね、これってとても大切なことで、
昨今の観光地で、一斉取締りをすることも多くなってきました。
皆さんが観光でバリに訪れて、何も知らないで車をチャーターして乗ったら、
観光地に入った途端、なにやら警察官に取り囲まれて、
せっかくの楽しい旅行が台無しになることもあるんです。

バリ島では観光客用に供される車のナンバーが、ちょっと違います。
日本のように色では判断できないのですが、
ナンバーの一番最後のアルファべットが【S】になっています。
これが政府から認可を受けた【観光客を乗せても良い車】であり、
ガイド資格免許を持ったガイドが案内することは問題ありません。

ところが個人で観光ガイドを無資格で営業したりしている車は、
ナンバーの最後が【S】ではありません。
その車に外国人観光客を乗せていると、
法律違反ということで、警察による取締りを受けることになります。

外国人観光客に対して罰則や罰金はありませんが、
ドライバーやガイドが長時間警察官から尋問を受け、
その間嫌な思いをしながら車中で待っていなければならないとしたら、
変わった経験かもしれませんが、ないに越したことはありません。

車を借りるのならちゃんとした旅行会社の正規の車で。
それが合言葉ですよ。

ランキング登録中 ポチッと一押しお願いします
     ↓      ↓     ↓


観光客を乗せられる車
スポンサーサイト

テーマ:バリ島 - ジャンル:旅行

[2011/09/12 22:53] | バリの裏技 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<バリ島  ココナッツの柱 | ホーム | バリ島  トイレ事情♂>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://balicol.blog65.fc2.com/tb.php/1308-2e9a3545
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
バリ島情報 『バリコラ』


初めてのバリ島旅行者にもリピーターにも、役に立つバリ島情報を毎日更新 

プロフィール

superkatchan

Author:superkatchan
バリ島情報 『バリコラ』へようこそ
バリ島の旅行初心者の方からリピーターさんまで、
参考になる最新情報をお届けします。

バリと日本を仕事で行ったり来たりしています。
年の三分の一がバリ島滞在です。

FC2カウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

バリ島日本人村

投資、ロングステイに
バリ島にヴィラを持ちましょう。

バリ島スピリテュアル

ヒーラーREDYによる癒しの数々をお届けします

バリスピバナー

バリから荷物を日本に送る

" >

バリ島で最安値のカーゴです
お土産を送る~コンテナ輸送まで

アジアン家具通販

激安アジアン家具をお届けします
1万円以上、送料無料キャンペーン中!

ARAMINTH スパスクール

最短1週間で資格が取れるスパスクール

http://www.araminth.com
truth

抜群のリゾート環境に宿泊しながら学べます

【ビアンアユ】
バリスパ&スクール

隠れ家スパでプライベートレッスン

移動ペットサロンカー

独立開業をサポートします

salon car

バリ島情報をお届けしています

毎週金曜日4時40分より生放送

メールフォーム

管理者superkatchanに
メールが届きます

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新トラックバック

カテゴリ

QRコード

QR

携帯『バリコラ』

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。