スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
バリ島  6000ルピアのナシチャンプル
バリ島でお昼を食べるとすると、
普通だったら3万ルピア(300円)くらいを覚悟しなければならない。
外国人、特に観光客ならそのくらいがお昼の予算になると思う。

日本だって昨今の昼食は、290円のお弁当はあるし、
牛丼もそんなものだし、
物価の安いバリのお昼が300円なんて、
日本から比べても、高いと思いませんか?

所得の少ないインドネシアの人々にとって、
勿論3万ルピアも出して外国人のようなお昼は食べられません。
もっとお手軽でお安いワルンで食事ということになります。

ここのワルンは人気があってお昼はいつも混んでいます。
おかずてんこ盛りのナシチャンプルが6000ルピア(60円)なんです。
少し前までは5000ルピアで営業していましたが、
さすがに食材が高くなっている昨今、
1000ルピア値上げしたしだいです。

それでもお客さんが絶えないのは、安くておいしいから。
原価計算をすると、一人前で1000ルピアほどの儲けだと思います。

日本のようにデフレ傾向にある国と違い、
国内需要がうなぎのぼりで発展しているインドネシアは、
あと10年もすると、先進国の仲間入りを果たすかもしれません。

その傾向として、昨今の円高傾向からすると、
1円が120ルピアでもおかしくないのに、105円ほどでとどまっているところをみると、
インドネシア通貨が強くなっているのに他ならないと思います。

6000ルピアのナシチャンプルをお昼に食べて頑張っているインドネシア人が、
これからの国を支えてゆくのでしょう。







バリをもっとメジャーな島に!ランキング参加中ココ押してくださいね♪

バリがいつまでもステキな島でありますように
6000ルピアのナシチャンプルブログサイズ
copyrightアジアン家具雑貨finestage

スポンサーサイト

テーマ:バリ島 - ジャンル:旅行

[2009/12/29 01:48] | バリの食べどころ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<バリ島  パサールの周辺 | ホーム | バリ島  スカスカランチ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://balicol.blog65.fc2.com/tb.php/14-ab44b193
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
バリ島情報 『バリコラ』


初めてのバリ島旅行者にもリピーターにも、役に立つバリ島情報を毎日更新 

プロフィール

superkatchan

Author:superkatchan
バリ島情報 『バリコラ』へようこそ
バリ島の旅行初心者の方からリピーターさんまで、
参考になる最新情報をお届けします。

バリと日本を仕事で行ったり来たりしています。
年の三分の一がバリ島滞在です。

FC2カウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

バリ島日本人村

投資、ロングステイに
バリ島にヴィラを持ちましょう。

バリ島スピリテュアル

ヒーラーREDYによる癒しの数々をお届けします

バリスピバナー

バリから荷物を日本に送る

" >

バリ島で最安値のカーゴです
お土産を送る~コンテナ輸送まで

アジアン家具通販

激安アジアン家具をお届けします
1万円以上、送料無料キャンペーン中!

ARAMINTH スパスクール

最短1週間で資格が取れるスパスクール

http://www.araminth.com
truth

抜群のリゾート環境に宿泊しながら学べます

【ビアンアユ】
バリスパ&スクール

隠れ家スパでプライベートレッスン

移動ペットサロンカー

独立開業をサポートします

salon car

バリ島情報をお届けしています

毎週金曜日4時40分より生放送

メールフォーム

管理者superkatchanに
メールが届きます

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新トラックバック

カテゴリ

QRコード

QR

携帯『バリコラ』

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。