スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
バリ島  アンテナを使ったインターネット
日本のように、電話回線や光ケーブルが全国隅々まで整っている先進環境とは異なって、
一歩も二歩もインフラ整備が遅れているバリ島。
それでもほんの少し前までと比べて、
インターネットは目覚しい進化を遂げている。
ダイヤル回線を使ったとても遅い環境はほんの少し前だったのに、
光ファイバーこそ無いが、高速でアクセスできるようになった。

デンパサールから30キロほど離れているタバナンのバリジャパンヴィレッジでは、
電話回線ではなく無線タワーを使ったインターネットアクセスを構築している。

高いタワーを上げて、志向性の強いアンテナをデンパサールからの中継点に向けて、
電波を使ってやり取りするというものだ。
これで下手なADSLより高速で、
しかもネットテレビも視聴できる環境が整備できている。

ただ、困ったことがひとつ。
それは、ライステラスの真っ只中に高い鉄塔を建てているので、
時として雷が落ちること。
何も障害物が無くて、電気の伝導が良い鉄のタワーがポツンと建っているのだから、
雷様にとってはもってこいの標的で、
これ幸いと、ドカンと落っこって来る。

去年も落ちたし、今年も落ちた。
その都度、受信機器を交換しなくてはならなく、結構な出費となる。
避雷針、避雷針と口酸っぱく言っても、
付けても保障はしませんからと、プロバイダーのそっけない返事しか返ってこない。
どこまで基本が分かっていて、どこまでアレンジが効くのか、
日本での経験から判断しようとしても、いまいち?なバリ島です。

それにしても無線でインターネットを構築するなんて、
固定電話が無い地域にいきなり携帯電話が入り込んでくる現象とよく似ている。

ランキング登録中 ポチッと一押しお願いします
     ↓      ↓     ↓


アンテナを使ったインターネット
スポンサーサイト

テーマ:バリ島 - ジャンル:旅行

[2013/04/15 22:42] | バリの生活 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<バリ島  ノニの実 | ホーム | バリ島  どこに行っちゃったのロティボーイ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://balicol.blog65.fc2.com/tb.php/1482-e9886b82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
バリ島情報 『バリコラ』


初めてのバリ島旅行者にもリピーターにも、役に立つバリ島情報を毎日更新 

プロフィール

superkatchan

Author:superkatchan
バリ島情報 『バリコラ』へようこそ
バリ島の旅行初心者の方からリピーターさんまで、
参考になる最新情報をお届けします。

バリと日本を仕事で行ったり来たりしています。
年の三分の一がバリ島滞在です。

FC2カウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

バリ島日本人村

投資、ロングステイに
バリ島にヴィラを持ちましょう。

バリ島スピリテュアル

ヒーラーREDYによる癒しの数々をお届けします

バリスピバナー

バリから荷物を日本に送る

" >

バリ島で最安値のカーゴです
お土産を送る~コンテナ輸送まで

アジアン家具通販

激安アジアン家具をお届けします
1万円以上、送料無料キャンペーン中!

ARAMINTH スパスクール

最短1週間で資格が取れるスパスクール

http://www.araminth.com
truth

抜群のリゾート環境に宿泊しながら学べます

【ビアンアユ】
バリスパ&スクール

隠れ家スパでプライベートレッスン

移動ペットサロンカー

独立開業をサポートします

salon car

バリ島情報をお届けしています

毎週金曜日4時40分より生放送

メールフォーム

管理者superkatchanに
メールが届きます

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新トラックバック

カテゴリ

QRコード

QR

携帯『バリコラ』

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。