スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
バリ島  ウルンダヌ・バトゥ-ル寺院
バリの観光地でも有名な『キンタマーニ』。
ほとんどの観光客の皆さんは、
バトゥ-ル山の目の前、バトゥール湖を眼下に見下ろす崖に建ちあがったレストランで休憩を取りながら、
火山で生まれた雄大なカルデラ湖眺めつつ、ビールやソフトドリンクを飲んだり、食事をしたり、しばしの目の保養をした後に、下界に戻ってゆく、
そんな観光の流れが一般的じゃないでしょうか?

そこで帰らないで、ヴューを売り物にしたレストラン地域から更に奥に進むと、
地元のパサールの前に、広大な寺院、『ウルンダヌ・バトゥール寺院』が出現する。
ここまでくると観光客の姿はあまりなく、
ヒンドゥー寺院の歴史深い建物を目の当りに見ることができる。

小さなお祭りを行っていた。
祭壇でマンクーが神事の準備をしている。
バンタンというお供えセットを神様にお供えし、
一番後ろ側に座らせていただいた。
ボクたちの気配を察するように、
前を向いたまま、マンクーが話しかけてくる。
『ひとり5万ルピアのお布施をしなさい』

日本でもそうであるように、お布施はお参りする人の意思によるもの。
しかもバリで5万ルピアというと、
お布施にしては異例とも言えるほど高額だ。

このような立派な寺院を守るマンクーから発せられる言葉とは思えない。
バリ人は何か勘違いしている民族に思える。
日本人に比べても、ものすごくお金に執着がある。
ここもそのひとつなのか、
神聖な寺院に来て、お布施の額をマンクーから要求され、
なんだかとても俗な感じがして、
バトゥール寺院がかわいそうに見えてきました。






バリをもっとメジャーな島に!ランキング参加中ココ押してくださいね♪

バリがいつまでもステキな島でありますように
ウルンダヌバテュール寺院ブログサイズ
copyrightアジアン家具雑貨finestage
スポンサーサイト

テーマ:バリ島 - ジャンル:旅行

[2010/02/05 23:17] | バリの見どころ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<バリ島  治安の問題について | ホーム | バリ島  犬のお客さん>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://balicol.blog65.fc2.com/tb.php/2-4024035e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
バリ島情報 『バリコラ』


初めてのバリ島旅行者にもリピーターにも、役に立つバリ島情報を毎日更新 

プロフィール

superkatchan

Author:superkatchan
バリ島情報 『バリコラ』へようこそ
バリ島の旅行初心者の方からリピーターさんまで、
参考になる最新情報をお届けします。

バリと日本を仕事で行ったり来たりしています。
年の三分の一がバリ島滞在です。

FC2カウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

バリ島日本人村

投資、ロングステイに
バリ島にヴィラを持ちましょう。

バリ島スピリテュアル

ヒーラーREDYによる癒しの数々をお届けします

バリスピバナー

バリから荷物を日本に送る

" >

バリ島で最安値のカーゴです
お土産を送る~コンテナ輸送まで

アジアン家具通販

激安アジアン家具をお届けします
1万円以上、送料無料キャンペーン中!

ARAMINTH スパスクール

最短1週間で資格が取れるスパスクール

http://www.araminth.com
truth

抜群のリゾート環境に宿泊しながら学べます

【ビアンアユ】
バリスパ&スクール

隠れ家スパでプライベートレッスン

移動ペットサロンカー

独立開業をサポートします

salon car

バリ島情報をお届けしています

毎週金曜日4時40分より生放送

メールフォーム

管理者superkatchanに
メールが届きます

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新トラックバック

カテゴリ

QRコード

QR

携帯『バリコラ』

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。